集中力にムラがある。仕事のやる気を上げるには?

集中力にムラがあって、勉強や仕事に集中できない。どうやったらやる気を上げることができるのでしょうか。

そもそも、勉強や仕事を「楽しいこと」だと思っていないのですから、脳は無意識にやめさせようとさせます。ですから、集中力を高めたい、維持したいと思ったら、いかに脳を騙すか、かかっています。

これから紹介する方法は、簡単ですぐに実践できる集中力&やる気アップのテクニックです。とっても簡単なことですが、実際にやってみると効果があります。「騙された」と思って、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

千里の道も一歩から

資格を取ろうと思ったり、経験したことのない仕事に取り組むときは、あれも・これもと課題がいっぱいで、始める前から嫌になってしまいませんか。

そんなときは、できるだけ目標は下げて、小さな目標を立ててみてください。小さな目標を一つずつ達成していくと、嫌な気持ちになりにくいです。

あたりきのことかもしれませんが、千里の道も一歩から。小さなことの積み重ねによって、大きな目標が達成できるのは、揺るぎない事実です。

大きな目標(例えば資格を取得するなど)だと、なかなか達成感が得られなかったり、いくら勉強しても成長が感じられず、続けることが嫌になってしまいます。

でも、小さな目標(例えば資格試験の過去問を1問だけ解く、仕事に必要な資料のコピーを取るなど)なら、すぐに終えることができるため、達成感を味わいやすくいのです。

どうか、過去問を一問だけ解いても意味が無い、仕事に必要なコピーだけ取っても仕事は進まない、などと思わないでください。

取りあえず手を動かしてみる。いったん手を動かすと、気分が乗ってきて、次々と勉強や仕事がはかどるものです。何にせよ取りあえず手を付けなければ、何も始まりません。

目標を下げて、一つ一つを小さく始めてみてください。

「取りあえず」は悪魔の言葉?

いったん「嫌だな」「面倒だな」という気持ちになったら、その気持ちを挽回して、改めて取りかかるのは、とても大変ですよね。

ですから、何か問題がありそうなことに出くわしたら、何も考えずに解決に向けて取りかかること。これが、めちゃくちゃ大事だったりします。

「取りあえずコーヒーでも飲んでから・・・」 このフレーズに心当たりはありませんか?

嫌なこと、面倒なことを目のあたりにすると、いったん棚上げしたくなる気持ち、良くわかります。

でも、でもですよ。いったん先送りにしてしまうと、どんどん「嫌だな」「面倒だな」という気持ちになってしまいます。そして、ますます、やる気が下がり、集中力も下がる、という悪循環に陥ってしまうのです。

どうすれば良いか? 答えは一つ。東進ハイスクール講師の林修先生の言葉を借りるならば「いつやるか?  今でしょ!」です。

「嫌なこと」「面倒なこと」は、後回しにするほど、その気持ちが高まっていく一方です。難しいことを考えず、今すぐ、さっさと取りかかっちゃいましょう!

「取りあえず」は悪魔の言葉にもなるし、天使の言葉にもなります。

「取りあえず後回しにしよう」は悪魔の言葉。「取りあえずやってみよう」は天使の言葉。

あなたの「取りあえず」は悪魔ですか? それとも天使ですか?

脳をだます

笑うことで血の巡りが良くなり、脳の働きが活性化して「α波(アルファ波)」と言われる脳波が発生します。簡単に言うとリラックスした状態です。α波が出ているとき、集中力や記憶力が増すという効果があると言われています。

笑っているときのことを思い出してみてください。笑っているときは、決して緊張したり、イライラしていたり、悲しい気分になったりしませんよね。笑っているとき、あなたは心からリラックスしています。

楽しいから笑うのか、それとも、笑うから楽しいのか。実は、脳は両者を区別しません。脳にとっては「笑う=楽しい=リラックス」なのです。

だから、取りあえず笑ってまえば良いのです。そうすると、本当は楽しくないかもしれないけれど、脳は楽しいと思ってα波を出すのです。(脳は思っている以上に単純です・・・)

いったんα波が出ている状態になれば、あとは自動的に集中力が増す、という訳です。

大笑いは不用。微笑むだけでOK

でも、いきなり笑えと言われても、楽しくも面白くもないときに笑うのは難しいですよね。

いいんですよ。心から笑うことができなくても。取りあえず、微笑みをうかべるだけでも十分に効果がありますから。

さぁ、口角を上げて微笑んでみましょう!

どうか難しく考えないでくださいね。ただニヤニヤしてみれば良いのです。ニヤニヤしていると、何となく楽しくなってきませんか?

バカらしい! と思わずに、バカになって笑ってみてください。笑う門には福来たる、ですよ。

まとめ

集中力にムラがあって、勉強や仕事に集中できないのでしたら、

  • 小さな目標を立て小さな成功体験を積み重ねる
  • 「取りあえず」やってみる。いつやるの? 今でしょう!
  • 微笑みで脳をだまして、自動的に集中モードに切り替える

を試してみてください。

「くだらない・・・」と思って実行しないと何も変わりません。「効果ありそう・・・」と思って、ぜひ!